近代プロセス株式会社

色校正 インクジェットプルーフ(こだわり)

安定した印刷品質の実現と色調管理の標準化(ジャパンカラー基準)を実現

色校正の目的

お客様との最終印刷物の色味を、事前に「こういう色味で問題ないですか?」と確認するために、印刷シミュレーション(カラーマッチングとも呼びます)調整がなされたプリンターで出力を行います。俗にプルーフと呼んだりもしています。ではどのような校正の方法があるのか見ていきましょう。

・本機校正
実際に印刷を行う機械です。そもそもスピードも速く、少量のものを印刷するのは得意ではありません。また版も必要になるため、コストもかかります。ただし、実際に印刷を行う機械ですから、仕上がりは大変近いものが出来上がります。品質をとても重視するお仕事には向いています。
・平台校正
実際に印刷する紙・インキを使用するため、実物に近い印刷が可能です。網点も再現され、特色も対応が可能だったりします。ただし構造上、印刷機の仕組みが違うため、色の合わせ込みについては確認が必要です。また、校正機、職人ともに減少傾向であり、利便性においても近くになければ利用しにくくなっています。
・インクジェット校正
カラーマッチングされた大判のインクジェットで出力する方式です。色再現性は比較的安定しており、何枚出力してもほぼ変わらない色が再現されるのが特徴です。また、版も不要なため、出力コストも安価に抑えられます。ただし、インクジェットに適正のある指定紙しか出力できないため、紙の風合いなどは確認できません。また、網点も本機とは違い擬似で再現されるため、文字がやや太り気味に印刷されたり、モアレのような印刷機で起こる現象の確認は正確には難しくなります。
・オンデマンド校正
色調整されたトナータイプのプリンターでの簡易的な校正になります。熱で定着させる方式であり、スピードも速く、大変便利です。本紙もすべてではないものの対応が可能です。ただ、熱を加えるため、紙の伸縮による表裏の見当性、特色対応などに限界があります。また、ベタ部分が多いとムラのようなものが見える場合があり、シビアな校正には不向きです。

次世代の色校正システムについて

次世代の色校正システムについて

いままで様々な校正についてご紹介しましたが、どれも一長一短があり、中々お客様のご要望に100%合致する校正がありませんでした。 校正機に持つ要望として、以下のようなものが挙げられます。

  • 本紙の風合いを再現したい、またはクライアントから本紙校正の指示がある。
  • 四六全判がセットでき、薄紙、厚紙、特殊紙等、幅広い用紙の種類に印刷したい。
  • 網点が表現され、オフセット印刷に近い仕上がりであること。
  • モアレを事前に確認したい。
  • 文字の再現性を良くしたい。

そこで、このような要望に応えようと、新しい校正機がリリースされました。メディアテクノロジージャパンからリリースされた「ProofJet F780」です。

【Proof Jet F780本体図】

以下、特長をご紹介します。

  • 印刷本紙に直接印字可能
  • 最大用紙サイズ:四六全判(788×1,091mm)
  • 最大印刷サイズ:B1サイズカバー(736×1,040mm)
  • 対応用紙種:薄紙、コートボール紙、厚紙(0.8mmまで)、和紙、ファンシーペーパー、
    アルミ蒸着紙、レザック紙、ユポ紙等(個別用紙評価対応可能)
  • 印刷インキに近い色の顔料を使用し、印刷機に近い色再現を表現。
  • 解像度1440x720dpiの高解像度出力で網点(1BitTIFF)を再現
  • 低コスト(版不要、インクジェット専用紙不要)
  • モアレ再現(現在評価中)

【出力比較事例1】※網点比較

【出力比較事例2】 ※モアレ再現

最後に、デジタルで環境にもやさしく、品質も向上させつつ、コストも削減できる新しい校正システムが今後、従来のシステムに取って変わっていく日も近いのではないでしょうか?ぜひ、一度この新しい校正システムをご自身の目でご確認してみてください。

Proof Jet F780
資料提供:株式会社メディアテクノロジージャパン

本紙色校正の課題

印刷技術は社会のデジタル化に対応する為に日々進化を遂げています。これからも品質の高い印刷物を提供していかなければなりません。お客様の信頼と安心を得る為にも本紙校正は必要とされています。弊社では、デジタル色校正を1bitと8bitのインクジェットプルーフ(コート専用紙)で行い、本紙校正を平台校正または本機校正とお客様の仕事のニーズに合わせ対応しています。本紙校正の主流である平台校正については、校正機の老巧化、技術継承の問題、コスト削減など課題があります。今後平台校正に変わる本紙校正をどのように対応したらいいか考えていかなければなりません。色校正としての安定性、品質管理を行うには本番オフセット印刷機に見劣りしないカラーマッチングされたインクジェット方式による本紙校正がポイントになると思われます。新しい色校正システム「Proof Jet F78」の資料を提供していただいていますが、デジタル本紙校正として注目したいと思っています。

色校正と新しい校正システムについてご感想などをお寄せください。
メールアドレス:info@kindaiprocess.co.jp

デジタルプルーフ(簡易校正)について

2016年3月をもってデジタルコンセンサスの感材の製造が終了いたしました。それに伴い、弊社では簡易校正をインクジェットで行うことにいたしました。デジタルコンセンサスに比べ出力スピードが約半分になりますが、2台導入することによって処理力をカバーします。

下記に今迄のコンセンサスとインクジェットの比較を掲載いたします。

  デジタルコンセンサス インクジェット
製造メーカー コニカミノルタ エプソン
機 種 名 Digital Konsensus Premium SC-P9050G
出力ファイル形式 1bit TIFF 1bit TIFF・8bit TIFF
解 像 度 2400dpi 720dpi (8bit)・1440dpi (1bit)
出力スピード(A2) 約20枚/時 約6枚/時(1bit TIFF)・約12枚/時( 8bit TIFF)
用  紙 専用紙 専用紙(コート135kg ・ ニューVマット110kg)
<インクジェットプルーフ(細かい文字の再現性)>

インクジェットプリンターでは通常(8bitTIFF)で出力していきますが、機種がレベルアップされているとはいえ文字が(太る)といわれ、デザインのイメージが損なわれる欠点があります。 弊社で採用している(1bitTIFF)出力プルーフは画数が多い漢字、極小文字、白抜き文字等を高精細に再現されています。

用紙はインクジェット専用紙のコート135kgとニューVマット110kgに対応しています。

インクジェットプルーフはお客様から高い支持をいただいています。

(印刷と全く同じとは限りません)

<インクジェットプルーフ モアレの問題点>

8bit出力のプルーフは砂目状で色を再現しているためモアレの有無の確認が不可能です。

1bit出力のプルーフは擬似網点で色を再現しているのでおおよその確認はできます。

(印刷と全く同じとは限りません)

オフセット

1bit(インクジェット)

8bit(インクジェット)

<テスト申し込み無料>

お客様の出力データ(PDF/X-1aまたはPDF/X-4に限らせていただきます)を、弊社でインクジェットプルーフを1枚テストとしてお届け致します。(B3サイズまで)

テスト申し込みはメールで受け付けています。件名を「インクジェットプルーフテスト希望」とし、会社名、担当者名、住所、電話番号を記入の上(info@kindaiprocess.co.jp (金子))にお送りください。

お問い合わせはお電話で。(担当:岡野)

(このサービスは東京都内のカメラマン、デザイナー、制作会社、印刷会社の方に限らせていただきます。)

本機校正(RYOBI 924)

商業印刷に多く用いられているオフセット印刷機です。サイズはA全判まで印刷可能で、高精細印刷(230線)にも対応し、高品質な校正刷りを提供することができます。本番の印刷と全く同じ工程で印刷するため、信頼性が最も高く安定した色校正が実現可能です。
色調・品質等のクオリティーが高いお仕事にご利用下さい。

平台校正(SCREEN KF-123-GL)

本番の印刷機と同じインク、同じ用紙を用いる校正刷り専用の校正機です。1色づつ印刷しますのでオフセット印刷機と仕組みが違うため多少の色のミスマッチング生じる場合があります。その他特色や厚紙を使用したい校正刷りには必要不可欠です。

インクジェットプルーフ(EPSON SC-P9050G)

インクジェットプリンターによるプルーフは、低コスト・短納期にお役に立ちます。顔料インクタイプによる印刷は非常にきれいな印字出力を得ることができます。本番印刷機械に合わせたカラープロファイルデータを正確に管理することによって、本機印刷とのトラブルを防ぐ簡易校正として好評です。

商用POPや展示パネルイベント用屋内ポスターにご利用ください。

カラーオンデマンド印刷機 1200dpix8bitの高画質・高精度

高精細な仕上がりを実現する1200dpiの高解像度。デジタルトナーHDEの再現力と相まり、微細な文字や細かな線はクリアに、カラーの画像も豊かな階調で美しく再現するデジタル印刷です。

A3サイズ出力表裏4色刷りのプルーフとしてご利用下さい。